2021年09月03日

菅義偉次期総裁選不出馬の意向? そうだろう 元々器じゃないんだから

 菅義偉総理が次期自民党総裁選不出馬の意向を、今日昼前唐突に発表した。 理由はコロナ対策に専念するのだそうな。  至極真っ当な判断だと思う。いや、むしろ遅すぎた感さえある。  私は彼の前任の二人の首相、つまり麻生太郎も安倍晋三もそうだったように、菅義偉も社会人として基礎的な読み書き知識、つまり普通の小中学生なら当然のように持ち合わせていなければならない程度の学力をも持ち合わせていない類の人物であることは、かなり昔に解っていた。とりわけ、安倍晋三の意味不明な国会答弁にも「ずーと違和感を覚えていた」のである。  崇高にも国策をも論じようという政治家に、その表現能力を疑うというのは本末転倒のような話だが、実際そうなのだからしかたがない。はっきり言って菅義偉の話しぶりは、日本語になっていない。誰しも話し方に癖や習慣はあるにしても、「まあ」とか「こうした」とかの言葉は公式のアナウンスでは避けるのが常識だ。しかし、彼には官房長官時代からそうした配慮は皆無だった。想起されるのは、記者に突っ込まれる度に口にする「そうした指摘は当たらない」と強弁する姿勢だった。  その上、官房長官時代から国民の納税マインドを逆なでするようなふるさと納税とかいう愚策推進に血道をあげ、諫める官僚を左遷して自著で自ら礼賛するという剛腕(?)を発揮する一方、官房長官時代の記者会見では大阪地域の地名「枚方」を「まいかた」と読んで平然とし、いささかも躊躇う様子はなかった。  菅義偉という人物がこれまでに何を成し遂げていたかは不明だが、現時点ではプラスの「政治的評価」を与えることは難しいようだ。
posted by riko at 19:43| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください