スガ内閣もう馬脚 あの安倍でさえ控えた学術会議会員任用拒否

 発足してまもない菅内閣が、さっそくその歴史修正主義者としての馬脚を現した。  日本学術会議法で規定された「日本学術会議」が推薦した次期会員候補105人のうち、6人の任用を拒否したのだ。  この人事の決裁権は形式上、首相に委ねられており、報道を見る限り首相自身が拒否したとされている。  これら新たに「日本学術会議会員」任用を拒否された学者の大半は国会の場などで、与党政権が推進する法案に否定的もしくは反対意見を陳述したと言われており、もしそれが事実なら「日本学術会議」設置主旨とともに、憲法じゃ規定する「教育の自由」にも明らかに反する行為だ。  「 ... の指摘は当たらない」を連発する強面で「口下手の官房長官」だって困るが、それは報道各社のうち幹事社が共有する暗黙のルール「予定調和」で運営されている官邸記者クラブ内での問題だ。  しかし、一国の首相ともなればそれでは済まない。性格的に如何に無口で不愛想であっても、首相はもとより自治体の議員だって、選ばれた以上その公的責任を全うするためには最小限の表現能力が必要だ。  悲しいことに、菅義偉の話し言葉に語彙が少ないとの指摘は、以前からあったように、菅義偉という男には、まともな言語能力すら備わっていない。  かく言う私も独特の方言が飛び交う新潟県出身、決して自慢はできないが、あの菅氏の訥弁ぶりには驚いたものだ。

この記事へのコメント