豪華なマンション共用設備案外カネ食い虫だってことに注意!

 去年近所に完成した総戸数700以上の大型マンションプラウドシティ武蔵野三鷹。横河電機が武蔵野市に所有していた土地の約半分を売却した、その跡地に建てられた。南北二つの建屋の造作が超モダンであることは言うまでもないが、このマンションの最も大きな特徴は、その共用設備が豪華なこと。広い庭の豊富な植栽に加えて、10組以上もの応接セットを備えた共用エントランスや贅沢なラウンジ。そして、マンション管理にとって最も重要でお金のかかる設備、それが駐車場だ。いちばん経費が掛からないのは平置き型だが、このマンションの屋外駐車場は、いちばんコストのかかる立体型。外見から判断する限り収容台数は30~50台と推測される。10年ごとに千万円単位の維持費が必要と言われる立体駐車設備を除けば、多くの点でこのマンションこの近辺では最高級の共用設備を備えたマンションだと思う。

 これら共用設備の維持管理は管理組合の負担によって賄われるが、5年・10年と時が経つにつれて頻度も金額も高くなるのが普通だ。居住者はこの経費を管理費の一部として専有面積に応じた割合で負担するのだが、一般には修繕積立費とは別に毎月管理組合に納めることになる。この管理費・修繕費会計、最初がクセモノだ。いや、もっと正確に言えば、この管理費・修繕積立金初期設定方法が問題なのだ。つまり、デベロッパーや、その関連会社が管理組合を主導することが多い中で、彼らは入居者にとって値頃感があるように管理費・修繕帆を設定する。早いはなし、なるべく安く設定するのだ。どうせ管理主体はマンション管理に関する法律で規定されている、そのマンション管理組合が量的過不足を判断して改定する(はず)だから。

 かくして、管理会社は共用設備管理などを傘下のメンテナンス会社にさせ、管理組合から外注管理費の形で還流させる図式ができあがる。マンション管理に精通した役員を擁するなど、よほどしっかりした管理組合でないとこのシガラミからは容易に抜け出ることはできない。
 
 そして、マンションを維持管理するうえで最も重要なポイントは、水と駐車場だ。水は屋上などの防水設備も含めた漏水対策、そして立体駐車設備。後者は課題が多い。

2019年度版 30日間完成 マンション管理士・管理業務主任者 論点学習+横断整理 [ TACマンション管理士・管理業務主任者講座 ] - 楽天ブックス
2019年度版 30日間完成 マンション管理士・管理業務主任者 論点学習+横断整理 [ TACマンション管理士・管理業務主任者講座 ] - 楽天ブックス

この記事へのコメント