神門光太朗というNHK北海道帯広局のアホアナ 何たって喋り過ぎだ!

 神門光太朗という名前の官邸広報と化した国営放送局NHKアナ、変わった苗字だがかんどこうたろうと読むのだそうだ。それはいいとしても、若そうな割にはタメ口交じり、生意気そうに聞こえる発言が多く好感が持てない。判を押したかのような画一的なキャラを好むNHKにしては珍しく個性だけはありそうなこの男、声は声優以上の重低音ながらアナとしてのセンスはあまり感じられない。それどころか、あまりに自由な話しぶりには嫌味さえ感じられる。管理者はどう評価しているのかとさえ思う。

 安くもない視聴料を長年払っている身としては、この男だ。

この記事へのコメント